★4月11日(木)天気:晴 気温:強風さむっ!

2019.4.11

「日本の顔になる」
ユース出身の斉藤光毅選手は、今シーズンからプロ選手としてトップチームに昇格しました。
ホームタウン誌の「タウンニュース 保土ケ谷区版」のインタビュー取材のなかで何度となく出てきたキーワード。

今年の5月1日から「令和」が始まります。
そこで「タウンニュース 保土ケ谷区版」では、次代を担う若い世代を主役とした改元特別号の「人物風土記」に、そのテーマにふさわしく、選ばれし人物として斉藤光毅選手のインタビュー記事が掲載される予定です。
通常は毎週木曜日発行ですが、当該号は改元特別号のため水曜日の発行となります。

今日は、その取材に立ち会ったきゃないが、その様子をギリギリのところまでここに綴りたいと思います。
(パーソナル部分も含め詳細は、本誌を楽しみにしていてください・・・きっとウェブ版にも公開されると思われます。)

あどけない笑顔とキリリとした眉形、バランスの取れたその表情の中には、いかにもまっしぐらに「日本の顔になる」ことに向かって突き進むために、何事(なにごと)にも何人(なんぴと)にも、決して「惑わされることのない強い信念」が見えました。

この選手は、すごいと思いました。
ただただ、すごいと思いました。
気取ることもしない。
背伸びもしない。
かと言って稚拙でもない。
自分をよく知っている。

言葉もしなやかで聞きやすく、こちらの問いに無難な答えではない答えを返してくれる。

この先、いい意味で、「変わっていく斉藤光毅」と「変わらない斉藤光毅」が楽しみです。

横浜FCのアカデミースタッフが手塩にかけて育てた選手が、トップチームとアカデミーをつなげていることを実感した時間でした。

 

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子