YOKOHAMA FC ACADEMY

育成ビジョン

情に棹させば流される。
智に働けば角が立つ、どこへ
越しても住みにくいと悟った時。

少年から大人になるまでの成長過程で、多くの時間をサッカーに費やす選手に対して真剣に向き合い、将来を見据えたプログラム・質の高い指導及びサッカーに集中できる環境を整え、中期的・長期的に選手たちのポテンシャルを最大限に引き出し、将来のプロサッカー選手育成を目指します。
そしてサッカー選手としてだけでなく、一人の人間としてその選手が精神的に立派な大人になり、サッカーとは違う分野でもその活動の幅を広げられるようバランスの取れた大人へと育てていくことを目的としています。

YOKOHAMA FC 組織図

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。

organization

指導プログラム

横浜FC独自の一貫指導システムを確立し年代やポジションに応じた適切な「戦術的」「フィジカル的」負荷を設定し、トレーニングやゲームを通じてチームの中で「個の特長」を最大限発揮出来る様に育成する。
また、「個の強化」を目的とした個別のプログラムを作成し、課題に特化したサポートメニューを通じて個々の成長を促し、選手としての基盤となる力を身に付け将来プロサッカー選手として活躍できる選手育成に取り組みます。

プレースタイル

攻守に主導権を握る "Attacking Football"

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。 どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。智に働けば角が立つ。

主な実績

情に棹させば流される。智に働けば角が立つ。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。とかくに人の世は住みにくい。意地を通せば窮屈だ。 とかくに人の世は住みにくい。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。意地を通せば窮屈だ。