★3月6日(水)天気:曇 気温:ぼんやりあったかい

2019.3.6

先日のモンテディオ山形戦でご協力いただいた育成サポート基金「フェニックスクラブ」のお礼と、アカデミーからトップチームへ昇格した選手のリーグ戦出場について、アカデミーダイレクターの重田さんからメッセージが届きましたので「きゃないぶろぐ」でお伝えいたします。

「2019シーズンのホーム開幕戦。冷たい雨が降り続く中、最後まで熱いご声援ありがとうございました。
当日実施しました育成サポート基金「フェニックスクラブ」へは50名近くの方にご入会いただき、また、ご入会のご案内をさせていただいていたジュニアユース戸塚の選手にも多くの方々より、温かいお言葉をかけていただき感謝申し上げます。
残念ながら勝利することはできませんでしたが、昨シーズンクラブ最年少出場を果たした斉藤光毅が後半開始より出場し、特長である背後への抜け出しや積極的な仕掛けでチャンスを作り出し、3シーズン目の山本凌太郎がJ2リーグ初出場するなど、横浜FCアカデミーを巣立った選手たちが、三ツ沢のピッチで躍動する姿を見ることが出来ました。
次節以降、結果を出し、勝利に期待します!!
皆さん、引き続き暖かいご声援とパワーを、よろしくお願いいたします。 重田より」

そして、トップチームのリーグ戦同日の3日(日)夕刻より、2019シーズンのアカデミー新加入選手を対象とする「横浜FCアカデミーガイダンス」を開催しました。
新たに15名のユース選手と42名のジュニアユース選手が加わり、今シーズンのスタッフとの顔合わせとアカデミーの活動についての説明、新U-13のウェア採寸では、今は、まだまだ大きなウェアに包まれていました。

今シーズンも新たなクラブの歴史が始まりました。

・・・数年後にニッパツ三ツ沢球技場で活躍する姿をつい、想像してしまいました。

 

 

今日は、これから「J:COMのハマる!横浜FC」3月放送分の収録です。
今度は、どの選手が何をして皆さんの目を釘付けにしてくれるのでしょうか。

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子