横浜商科大学とスポーツ関連産業人材育成における協定締結のお知らせ

2018.4.10

横浜FCでは、横浜市鶴見区にある横浜商科大学(学長 小林雅人)と4月23日(月)「スポーツ関連産業人材育成における連携に関する協定」の締結を行います。

 

【主な連携協定内容】
本協定は、横浜商科大学と横浜FCが「幅広く相互の連携を図ることにより、スポーツ関連産業に携わる人材を育成するとともに、大学の教育及び研究の更なる発展に資すること」を目的とします。連携することで期待される事項は以下のとおりです。

 

■横浜FC
学生ならではの視点による企画展開、クラブサポーターの増加。

 

■横浜商科大学
学生にスポーツビジネスの最前線を実体験させることができ、学生の成長につながる。

 

また、今後の具体的な取り組みとして下記の事項について検討を行っていく予定です。

 

 

■ゼミ内でのプロジェクト実施
・経済学のゼミで、横浜FCの「HAMABLUE PROJECT」をテーマとして取り上げ、1年間ゼミ生が取り組む。ホームゲーム時のブースの企画、実施も予定。

 

■横浜FCコーナー作成
キャンパス内に横浜FCコーナーを作成。学生が試合結果やトピックスの発信を予定。

 

■必修授業への組み込み
2年次の必修授業「社会力基礎演習」で地域や企業の課題に取り組み、政策提案を行う授業を行っている。この中で、横浜FCの課題に取り組むことを予定。

 

■横浜商科大学について
◯所在地:神奈川県横浜市鶴見区東寺尾4-11-1
◯理事長:清水 雅彦
◯学長:小林 雅人
◯設立:1966年
◯URL:http://www.shodai.ac.jp/

 

本記事に関するお問合せ

横浜FC HAMABLUE推進チーム 花村