横浜FC

テラサイクルと連携したサステナビリティを加速する活動を開始

  • お知らせ
  • クラブ
  • ホームタウン
  • 社会連携(シャレン!)

2021.6.25 Fri

横浜FCでは、テラサイクルジャパン合同会社(所在:横浜、アジア太平洋統括責任者:エリック・カワバタ、以下テラサイクル)とオフィシャルパートナーシップ(CSRパートナー)を締結し、横浜FCのホームゲーム時にハンドソープ等の日用品の空き容器回収を開始し、⽣活者を巻き込んだ循環型社会の実現を⽬指す取り組みをスタートいたします。

本取り組みは、新型コロナウイルス感染症対策として⼿洗い習慣啓発のため、横浜FCが株式会社FANCL LABと共同開発した『ASSIST LIFE ハンドソープ produced by YOKOHAMA FC』の開発をきっかけに、応援していただくファン・サポーターが⽇常⽣活で使⽤する製品の資源を活⽤し、⽇々の⽣活の中でサステナブルについて考え社会に貢献する活動ができるのではないかと考え実施に至りました。

 

今回の取り組みは、CSRパートナーとしてオフィシャルパートナーシップを締結したテラサイクルの容器回収・再利⽤プログラムを活⽤いたします。

 

背景には、⼤量に⽣産された製品と使⽤後に排出される廃棄物が地球上に溢れ、現在のままでは地球を健全な状態で次世代に引き継ぐことができない状況に陥っているという現実に⽬を向け、廃棄物を削減し回収された廃棄物を有⽤な資源として活⽤することにより、循環型社会の実現に貢献、エコの活動を考えるきっかけにできればという想いがあります。

 

また、空き容器には回収量に応じてテラサイクルポイントが付与され、横浜FCの育成資⾦となりクラブに寄付されます。

 

 

是⾮皆さまのご協⼒をお願いいたします。

 

概要

横浜FCのホームゲーム時に、スタジアムで空き容器を回収するブースを設置いたします。

場所:ニッパツ三ツ沢球技場 場外ホームゴール裏入場ゲート付近
※PETボトルキャップ回収ブースの並びに回収箱を設置いたします。

ホームゲームにご来場される際に、ご⾃宅で使⽤している⽇⽤品(プラ製品に限る)の空き容器をお持ちください。

 

■回収対象

①プラスチック製ボトルの⽇⽤品(ハンドソープ、シャンプー、ボディソープなど)

②スタジアムで出たプラスチック製のカップ(アルコール提供のもの)

※上記以外のものは回収できませんので予めご了承ください。

※必ず使い切った状態でご持参ください。

 

■設置期間

6⽉27⽇(日)清水エスパルス戦〜シーズン終了までの全ホームゲーム

 

■設置場所

ニッパツ三ツ沢球技場 場外ゴール裏⼊場ゲート付近

 

■ご協⼒特典

空き容器を持参いただいた⽅に、「2021横浜FC選手カード1枚」をプレゼントいたします。

※お渡しできるカードは1回につき1枚までとなります。

※6月27日清水エスパルス戦でお渡しできるカードは100枚限りとなりますので予めご了承ください。(なくなり次第当日の配布は終了させていただきます)

本記事に関するお問い合わせ

横浜FC 事業部

kouhou@yokohamafc.com