横浜FC

株式会社マクニカとオフィシャルテクノロジーパートナー契約を締結 ~テクノロジーによるスポーツビジネスの変革と地域活性化を目指して~

  • お知らせ

2021.2.26 Fri

横浜FCではこの度、半導体、ネットワーク、サイバーセキュリティ、AI/IoTにおけるトータルサービス/ソリューション・プロバイダーの「株式会社マクニカ」(以下マクニカ、本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:原 一将)とオフィシャルテクノロジーパートナー契約を締結いたしましたのでお知らせします。

 

今回締結するオフィシャルテクノロジーパートナー契約を通じ、横浜FCとマクニカはグローバルの最先端テクノロジーを応用し、スポーツビジネスの変革の実現を目指します。

 

■具体的な取り組み

横浜FCは、ホームスタジアムであるニッパツ三ツ沢球技場のスマートスタジアム化にむけ、既に2020年シーズンにおいて、新型コロナウイルス感染予防のため、マクニカが提供するIEI Integration社製のAIを活用した体表温度検知ソリューションを導入しました。人間の顔を認識したうえで体表温度を測定するソリューションで、①誤検知の可能性が低いこと、②同時に30人の体表温度を測定できること、③1秒以下で検知できることが特徴です。これにより、サポーター、観客の入場にかかる時間を、従来の1/3に短縮し来場者の満足度向上、スムーズな運営へ貢献しています。

今後は、スタジアムにおけるAI、IoTのテクノロジーはもちろんの事、様々な技術を応用したプラットフォーム開発を共同で推進し、マーケティング活動や、来場者への様々なサービスを展開していく予定です。

 

クラブハウス等の練習設備においては、マクニカが提供する世界最高クラスの省エネ性能をもつ次世代輻射式冷暖房システムの導入により、選手の快適なトレーニング環境の整備について検討を進めていきます。

また、マクニカのAI研究組織である“AI Research & Innovation Hub (ARIH)”が開発・提供するAIアルゴリズムを使用した選手のプレー、練習の分析、可視化によるチーム力の強化、さらに、デジタルヘルスケアを応用した選手の健康管理についても検討を進めて参ります。

 

両社の取り組みを通じ、スポーツビジネスの活性化につなげるとともに、新型コロナウイルス感染対策を踏まえた環境作りにも留意し、横浜FCの掲げるホームタウン活動にも共同で積極的に支援、地域社会へも貢献したいと考えています。

 

本オフィシャルテクノロジーパートナー契約を皮切りに、横浜FCはマクニカとともに、サッカー×テクノロジーをテーマに、スポーツビジネスにおけるデジタルトランスフォーメーションを加速させていきます。また、両社で、世界先端の技術とその応用、実現により、テクノロジーを身近に体験できることを目指していきます。

 

◆体表温度検知ソリューションについてはこちら

 

株式会社マクニカ

マクニカは、1972 年の設立以来、最先端の半導体、電子デバイス、ネットワーク、サイバーセキュリティ商品に技術的付加価値を加えて提供してきました。近年は、従来からの強みであるグローバルにおける最先端テクノロジーのソーシング力と技術企画力をベースに、AI/IoT、自動運転、ロボットなどの分野で新たなビジネスを展開しています。今後は、「Co.Tomorrowing」をスローガンに、最先端のテクノロジーとマクニカが持つインテリジェンスをつなぎ、ユニークなサービス/ソリューションを提供する存在として、社会的価値を生み出し未来社会の発展へ貢献していきます。

当社は、横浜に本社を構え、世界24ヶ国84拠点をベースにグローバルなビジネスを展開しています。

詳細はマクニカWebサイトをご覧ください。

 

 

本記事に関するお問い合わせ

株式会社横浜フリエスポーツクラブ パートナーセールス

partner@yokohamafc.com