横浜FC

株式会社オリーブスパ 2020シーズン「ドリンクボックス広告」契約締結のお知らせ

  • お知らせ

2020.6.30 Tue

このたび、横浜FCと株式会社オリーブスパ(本社 東京都港区/代表 伊賀陽史)は、2020シーズンの試合時における新型コロナウイルス感染予防対策の一環として、「ドリンクボックス広告」契約を締結することで合意しましたのでお知らせいたします。

 

なお、同社概要等は以下の通りです。

社名 株式会社オリーブスパ
設立 2004年8月
本社 東京都港区南麻布4-5-48フォーサイト南麻布 2F
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役社長 伊賀 陽史
事業
内容
・リラクゼーションサロンの運営

・スパセラピストの育成

掲出
ロゴ

また、ドリンクボックスの運用方法は下記の通りを予定しています。

 

・従来の運用方法

→ピッチサイドに設置されたスクイズボトルで複数選手が飲水

 

・2020シーズンの運用方法

→ピッチサイドに未開封ドリンク(飲み切り用)を入れたボックス、およびペットボトル廃棄用ボックスを2種1セットで配置。

従来行われていた同一スクイズボトルでの複数選手の飲み回しを防ぐ。

本運用方法は、今後再開される2020シーズン全試合で実施致します。

本記事に関するお問い合わせ

横浜FC 事業部

045-443-6592(月〜金 9:00〜17:00受付 ※ホームゲーム開催時を除く)