震災復興支援活動

東日本大震災復興支援活動as one活動を皆様にご報告いたします。

 

成城石井Presents横浜FC東日本大震災復興支援活動

 

「約束の丘、三ツ沢again」2015開催
本活動は2013年11月に復興支援活動として横浜FC全選手、スタッフで福島県いわきの小学校を訪問した際に、「次は横浜FCの試合観戦をしに いく!」という子供たちとの約束を果たすために、「約束の丘、三ツ沢」と題し、いわき市の小学生約80名を横浜にご招待したものです。2015年度は2回目の実施となり「約束の丘、三ツ沢again」として本活動報告書の通り実施をさせていただきました。
成城石井Presents 横浜FC東日本大震災復興支援活動「約束の丘、三ツ沢again」開催

 

「夢で逢えたらin福島県いわき市」2014開催
東日本大震災復興支援活動の一環として11月26日(水)福島県いわき市にある、永崎小学校と江名小学校において「夢で逢えたら」と「サッカー教室」を実施しました。
詳細は、下記の特設ページをご覧ください。
成城石井Presents横浜FC東日本大震災復興支援活動「夢で逢えたらin福島県いわき市」特設ページ

 

「約束の丘、三ツ沢」2014開催
この活動は2013年11月に復興支援活動として横浜FC全選手、スタッ フで福島県いわき市中央台南小学校、中央台東小学校を訪問した際に、「次は横浜FCの試合観戦をしにいく!」という子供たちとの約束を果たすために、いわき市の小学生約80名を横浜に招待し、夏休みの思い出作りや夢の体験をして頂くという活動を実施しました。
また、 この活動は昨年の横浜FC東日本被災地復興支援活動に「夢で逢えたらパートナー」としてご賛同いただいた株式会社成城石井様の協力のもと実施致しました。詳細は、下記の特設ページをご覧ください。
成城石井Presents横浜FC東日本大震災復興支援活動「約束の丘、三ツ沢」開催

 

「夢で逢えたらin福島県いわき市」2013開催
東日本大震災復興支援活動の一環として11月27日(水)福島県いわき市にある、中央台東小学校と中央台南小学校において「夢で逢えたら」と「サッカー教室」を実施しました。
詳細は、下記の特設ページをご覧ください。
成城石井Presents横浜FC東日本大震災復興支援活動「夢で逢えたらin福島県いわき市」特設ページ

 

2012年9月23日(日)Jleague division2 第35節 横浜FC vs. 徳島ヴォルティス
「ほけんの窓口presents燃やせ!!福島魂Match」開催
9月23日(日)に福島復興支援試合として、J2リーグの試合を福島にて開催しました。
詳細につきましては、コチラの特設ページをご覧ください ⇒ http://www.yokohamafc.com/2464-2/

 

4月17日(日)/4月18日(月)岩手遠征
4月17日、18日の期間岩手県内に東日本大震災の復興支援活動を実施しました。
4月17日 盛岡市内にてグルージャ盛岡と練習試合を実施。

 

練習試合前に競技場に招待した被災者の皆様へカレーの炊き出しを行いました。

 

4/17練習試合前のピッチで招待した被災地域の子どもと一緒にサッカーボールを使用してゲーム等を楽しみました。

 

4/17練習試合前に岩手県サッカー協会へサッカーボール100個を贈呈


 

4/17練習試合

 

4/18被災地訪問
釜石市甲子小学校にてサッカーボール等を使用したゲームを行い避難所の子ども達とふれあいました。

 

大槌町に物資の提供

 

大槌町吉里吉里小学校にてラーメンの炊き出しを実施、またサッカーボール等を使用したゲームを行避難所の子ども達とふれあいました。

 

4月8日(金) 「支援物資の運搬活動実施」
さる4月8日(金)、震災復興支援活動の一環として、支援物資の運搬活動を実施いたしました。今回の支援物資は、食料(インスタントの汁もの、カレーなど)が中心でした。5時、千葉県柏の倉庫を出発、東北道を北上し一路宮城県石巻市へ向かいました。前夜の大きな余震の影響で、早朝まで東北道が一部不通となっており、活動への影響が懸念されましたが、我々が通行する頃には開通し、無事に目的地へ進むことができました。


いつもの東北道と違っていたのは、物資を運ぶトラックが多かったことや、災害派遣として被災地に向かう自衛隊の車列が見受けられたことです。途中、栃木県を過ぎたあたりから、ハンドルから手が弾かれるほど道路が波打ち始め、今回の地震の影響を身体で感じながらの道中となりました。


東北道は宮城県に入り、「古川インターチェンジ」から先が通行止め。岩手県方面に向かうトラックも多く、一般道まで混みあっていました。


14時ごろ、目的地である石巻市総合運動公園に到着。ここは自衛隊の後方支援部隊の基地として、物資を搬入・管理する資材倉庫の役割を担っていました。


物資のカテゴリー(品目)ごとにテントが分かれていました。


15時、任務完了。
横浜への帰路に着きました。


被災地の現状については、報道などで見知る以上の状況であり、私には語る言葉を持ちません。
しかし、主を失っている家々には生活の灯りが、学校にはこども達の歓声が、
街全体には人々の生活の匂いが、一刻も早く戻ってくることを、今は心より祈るしかないと、
痛感した支援活動でした。

物資基地となっているのは、運動公園の天然芝サッカー場でした。この芝生にも、サッカーの足音が聞こえてきますように。


4月5日(火) 「JR東戸塚駅前募金活動」
FMとつか主催の募金活動に参加いたしました。
日時:2011年4月5日(火)
場所:JR東戸塚駅前
参加者:寺田選手、西田選手、佐藤選手、藤田(祥)選手フロントスタッフ


4月3日(日) 「たきがしら会館」慰問
福島県から一時避難されている方々を慰問させて頂きました。
日時:2011年4月3日(日)
場所:たきがしら会館(横浜市磯子区)
参加者:株式会社横浜フリエスポーツクラブ取締役会長奥寺康彦、シュナイダー選手、柳沢選手、藤田(優)選手、フロントスタッフ


4月3日(日) 「洪福寺松原商店街東北地方太平洋沖地震復興支援イベント」
いつも横浜FCをご支援いただいている保土ケ谷区洪福寺松原商店街の
「洪福寺松原商店街東北地方太平洋沖地震復興支援イベント」に参加いたしました。
日時:2011年4月3日(日)
場所:JR東戸塚駅前
参加者:八角選手、野崎選手、飯尾選手、井手口選手、荒堀選手、森本選手、フリ丸、フロントスタッフ

   

 

3月27日(日)東日本大震災復興支援街頭募金活動
横浜駅西口イベント広場、横浜ビブレ前広場にて横浜FC選手、スタッフ、ユース・ジュニアユース選手、サポーター、フロントスタッフが義援金募金の呼びかけを行いました。
日時:2011年3月27日(日)15:00~16:00
場所:横浜駅西口イベント広場/横浜ビブレ前広場
参加者:横浜FC選手・スタッフ・ユース、ジュニアユース選手、サポーター、フロントスタッフ