9/25ニッパツ横浜FCシーガルズホームゲームにて「戸塚共立メディカルグループピンクリボンマッチ」開催のお知らせ

ニッパツ横浜FCシーガルズでは、9月25日(日)のホームゲーム会場において乳がん早期発見・受診率向上活動の一環として「戸塚共立メディカルグループピンクリボンマッチ」を開催いたします。
当試合は観戦無料ですので、ぜひファン・サポーターの皆様も試合会場にお越しいただき、「ピンクリボン活動」へのご協力をお願いいたします。

 

 

■対象試合:2016プレナスなでしこリーグ2部第15節 ニッパツ横浜FCシーガルズ vs. ASハリマアルビオン
■日時:2016年9月25日(日)11時キックオフ(10時開場予定) ※観戦無料
■会場:日産フィールド小机
■スポンサー:戸塚共立メディカルグループピンクリボンマッチ ※協力:医療法人横浜柏堤会
■内容:乳がん健診啓発キャンペーン特設ブース設置等

 

 

■ピンクリボン運動:
ピンクリボン活動とは、乳がんの正しい知識を広め、「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える」ことを目的に世界規模で行われる乳がん啓発キャンペーンです。

いまや、日本人女性の11人に1人が乳がんにかかると言われる時代。壮年期(30 ~ 64 歳)の女性のがん死亡原因のトップが乳がんです。
乳がんにかかる日本女性は年々増加傾向にあり、2013 年には乳がんで亡くなる女性が 1 万 3000 人にものぼりました。乳がんの発生は 20代からみとめられ、30代後半から急激に増加し、40代後半から50代前半にピークを迎えます。つまり、女性が家庭や職場で最も活躍する年代に多いのです。
しかし乳がん検診を受けている人は 3 人に 1 人なのが現状です。乳がんは早期発見であれば死に至ることはほとんどなく、90%が治癒します。しかし、自分で「何か変だな?」と感じたときにはすでにがんが進行し、命の危険にさらされることも少なくありません。早期発見のためには、定期的な検診が重要です。年に一度は乳がん検診を受診して、健康な毎日を送りましょう。

 

 

 

■本件に関するお問い合わせ:
ニッパツ横浜FCシーガル運営担当
TEL:045-372-5212