ホームタウンプロジェクト活動報告(2019年6月)

2019.7.24

横浜FCは地域社会にとって欠かすことのできない楽しみ、心の拠り所、プライド、街のシンボル、大切な産業として多くの人に認められる“社会的装置”の役割を担う存在となるためホームタウンに出て活動をしています。

今回は、6月の活動についてご報告します。
活動当日の様子は、横浜FC公式Twitter、フリ丸Twitterをご覧ください。

 

6月11日(水)横浜FC フットボールDAY〜プロサッカー選手がみんなに会いに来る〜
6月29日(土)ファジアーノ岡山戦の保土ケ谷区民DAYに向け、26名の選手が保土ケ谷区内の3つの小学校に分かれ児童とふれあいサッカーと夢を持つことの大切さを伝える授業を実施しました。

選手たちがプログラムを考え進行し、子どもたちに丁寧にドリブルのコツ教える選手やミニゲームでプロの技術を披露する選手など、どの小学校でも選手が個性を発揮していました。

帷子小学校では、武田選手・南選手が自らの体験談を交えて話をしていました。

【訪問先・参加選手】
◯横浜市立笹山小学校
中里崇宏・瀬沼優司・三浦知良・松浦拓弥・北爪健吾・乾大知

◯横浜市立常盤台小学校
田所諒・田代真一・佐藤謙介・竹重安希彦・松井大輔・渡邊一仁・草野侑己・中山克広・袴田裕太郎・安永玲央・山本凌太郎・大内一生・川﨑裕大・伊野波

◯横浜市立帷子小学校
藤井悠太・戸島章・齋藤功佑・武田英二郎・南雄太・辻周吾

 
6月14日(金)保土ケ谷区保育園サッカー教室
保土ケ谷区内にあるエルアンジュ保育園・プチアンジュ保育園・川島保育園の子どもたちを横浜FC・LEOCトレーニングセンターお迎えして、スクールコーチによるサッカー教室を開催しました。

サッカー教室の合間には選手とハイタッチをしてふれあっていました。
 
横浜FCと遊ぼう!はまっ子ふれあいスクール・放課後キッズクラブ
・横浜市立立野小学校放課後キッズクラブ
・横浜市立神奈川小学校放課後キッズクラブ
・横浜市立庄戸小学校放課後キッズクラブ
・横浜市立川井小学校放課後キッズクラブ
・横浜市立横浜深谷台小学校放課後キッズクラブ
・横浜市立日吉南小学校放課後キッズクラブ
・横浜市立今井小学校放課後キッズクラブ
・横浜市立下末吉小学校放課後キッズクラブ

過去実施した団体はこちらからご覧ください。
http://www.yokohamafc-sc.com/play.html

   

ホームタウンチーム担当 北澤・柿沼・佐藤
TEL:045-372-5212