「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシ−)」PR動画に選手が出演

2019.10.28

横浜FCのホームタウンである横浜市保土ケ谷区は、区民の皆様の健康に対する意識がより高まるよう健康づくりの動画集サイト「ほどうがや」を立ち上げました。

その第一弾として、生活習慣病(糖尿病)予防に向けた健康PR動画に横浜FCの選手5名が出演しています。

内容は「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシ−)」について伝えるツールとしてダンスを通してPRしながら、若者に冷静に考えることを促すというストーリーです。

また、健康増進の意識を拡散するために誰でも真似できる振り付けでPRしています。
 


 

動画集サイト「ほどうがや」概要

 

■主催:横浜市保土ケ谷区福祉保健課
 

■制作・撮影協力:横浜国立大学映画研究部
 

■横浜FC出演選手5名:動画左から大内一生、草野侑己、斉藤光毅、中山克広、袴田裕太郎
 

■配信開始日:2019年11月1日(金)〜 順次公開
 

■配信場所:保土ケ谷区役所内戸籍課待合モニター、横浜市営バス車内(保土ケ谷営業所所属車両のみ(11/1〜11/30)、イオン天王町店、西谷地区センター(期間限定)他、区内イベント、横浜市保土ケ谷区役所公式ウェブサイト
 

★横浜市保土ケ谷区役所公式ウェブサイト

10月28日(月)より下記サイトでご覧いただけますので、選手のダンスパフォーマンスにご注目ください!

https://www.city.yokohama.lg.jp/hodogaya/kurashi/kenko_iryo/kenkozukuri/kenko-video/hodougaya.html
 

≪保土ケ谷区と横浜FCは「横浜市保土ケ谷区におけるホームタウン活動等に関する基本協定」に基づき、地域活動への連携協力を進めています。≫