★9月4日(水)天気:晴 気温:26℃くらいかな

2019.9.4

横浜FCと保土ケ谷区は、日を追うごとに密接で深い関係になってきているのではないかと感じています(携わる担当としては、そう思わずにはいられません!なんと言ってもきゃないは「ホームタウン広報」なので・・・)。

2018年7月に、横浜FC、保土ケ谷区、保土ケ谷区連合町内会長連絡会、保土ケ谷区商店街連合会の4者で「横浜市保土ケ谷区におけるホームタウン活動等に関する基本協定」を締結させていただいたおかげで、より一層、距離が近くなり互いに手繰り寄せられているのではないかと、勝手に解釈しています。

そこで、シーズンの初めに「元気づくり事業」について、ホームタウン担当の佐藤さんと保土ケ谷区役所福祉健康課の皆さんと打合せをさせていただき「具体案が実現しそうな雰囲気」だったであろうあのころから時間の経過とともに、なんと!「実現!」しました。
区内の若者が「健康診断の結果を意識して見ること」「若いうちから健康に気を付けること」「判断指標の一つHbA1c(ヘモグロビン) チェック」を目的とした啓発動画に選手が出演するため、本日、クラブハウス内で撮影を行いました、。


選手が「健康PR動画に出演する」という、よくあるベタな話ですが、そんなよくあるコテコテの話でも、きゃないにとっては感激の実現です。
ということで・・・きゃないの野望がまた一つ叶いました。

カメラマンや演出などは、保土ケ谷区役所との協定で連携事業を行っている横浜国立大学映画研究部の皆さんです。
まさに、3者の関係は「ホームタウンプロジェクト」です。
脚本、撮影、編集、公開までの道のりを互いに担いながら、本日夕刻、無事、撮影が完了しましたので、これからは公開へと準備を進めていきます。

健康PR動画のひとつひとつのポーズは思わず笑みがこぼれるようなシーンばかりで、欲目なのかもしれませんが、横浜FCの選手たちはホントにかわいらしかったです。
斉藤光毅、草野侑己、袴田裕太郎、中山克広、大内一生 この5名の選手たちの動画が世の中に出るタイミングは、11月1日からを予定(まだまだ先ですが・・・。
保土ケ谷区役所福祉課のホームページで公開予定です。

横浜FCの選手たちも、この基本協定活動の一役を担いながらホームタウンプロジェクトに参加しています。

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子