★7月3日(水)天気:曇時々晴 気温:涼(うちわ日和では無い)

2019.7.3

「認知症?まずは相談できる場所」や「相談できる人」の普及啓発のためのポスター撮影。

4月3日(水)のブログに「認知症に関するポスター」製作の打合せの様子を綴ってみましたが、いよいよ、今日は選手がポスターに登場するシーンのポーズ写真撮影を行いました。

普及啓発の一役を担う役割として、横浜FCの選手がそのポスターに登場する企画をご提案いただき、そのシチュエーションを踏まえた内容とポージング、メッセージを吟味しながら今日を迎え、人工芝グラウンドで旭区役所福祉保健センター保健師の岡本さん、高齢者支援担当の高橋さんとカメラマンお二方が入念なカメラテストを行い、本番へ。

このポスターには戸島章選手、北爪健吾選手、辻周吾選手が三人三様のポーズで登場します。


それぞれのポーズは深ーい意味を秘めていて「認知症?まずは相談できる場所」や「相談できる人」の普及啓発のためのポスターなので「ポスターを見てワンアクションを起こすきっかけ」になるよう気持ちを込めました。

また、このポスターは、9月17日から相鉄バス旭営業所管内で運行される路線バスに掲出される予定で(旭区役所のホームページでは、もう少し早いタイミングで登場するかも・・・)、まだ先ではありますが「区制50周年 あさひ・せや区民DAY」当日に三ツ沢の大型ビジョンにも登場する予定で進めさせていただいています。

ということで、きゃないは早速、本日のブログでご紹介をしようと写真撮影風景を写真撮影。

日頃から応援していただいている皆さんに向けて、感謝の気持ちを込めながら選手がホームタウンプロジェクトの一役を担うことは、横浜FCらしさかもしれません。

そんな横浜FCで、あり続けたいと思います。

 

≪番外編≫
本日、17:00~19:00まで横浜駅西口付近で「うちわ」を皆さんにお届けしました。
メンバーは、上尾COO、広報担当の内田さん(どーやら内田さんは広報担当になった模様)、営業担当の佐脇さん、そしてきゃないの4名だけです。
なぜ4名だけかというと・・・理由は内緒です。

時々、神出鬼没であちらこちらの駅近でうちわや試合告知リーフなどを皆さんにお届けしているかもしれませんので、見かけたときは声をかけてください。

それでは、また明日。

ホームタウン広報:金井智恵子