★6月25日(火)天気:晴 気温:なかなかいい感じ

2019.6.25

6月29日(土)ホーム ファジアーノ岡山戦は、保土ケ谷区民DAYです。
開催も間近に迫り、保土ケ谷区役所のご担当者とクラブスタッフ佐藤さんは、最終調整と準備に大忙しです。

あくまでも「予定」として、少々フライング気味で出店いただけるお店を紹介させていただきましたが、ホントに「予定は未定」な感じで見事なくらいメニューが変更になり、あれま!という感じで結構、焦りましたが出店いただくお店は変更ございませんのでお楽しみに!
皆さんにできるだけ早くお伝えしたい一心で、ざっくりと掲載させたいただきましたこと、ご容赦ください

現情報はこちらでご確認いただけます。
https://www.yokohamafc.com/kickoffevent/66741

 

横浜FCのホームゲームでは「野中貿易株式会社 Presents スタジアム演奏会」を開催しています。
(2015シーズンのクラブメンバー限定会報誌「横浜FC Letter4月号」に野中貿易さんのご紹介を兼ねたきゃないの作文が掲載されていますので、お持ちの方は紐解いてみてください)
この演奏会は野中貿易さんにサポート協賛していただき、武松商事さんに搬入搬出を連携していただいています。
保土ケ谷区民DAYの岡山戦は、地元の「横浜国立大学吹奏楽団」の皆さんによる演奏をお楽しみください。

とある夕暮れどき、横浜国立大学の食堂で区民DAY演奏会の打ち合わせ。
きゃないは、当クラブの担当窓口の松下さんに帯同してみました。
先方のご担当は、岸田さん、工藤さんのお二人です。

岸田さんは新しいことを始めたいと思い大学への入学をきっかけに吹奏楽にチャレンジ。
「バリトンサックス」を担当しています。
・・・大学から吹奏楽って・・・コドモのころから習い事で楽器を弾く、吹く、叩く、などはよく聞き及びますがオトナになってからの吹奏楽への挑戦は尊敬します。

工藤さんの担当は「ファゴット」
あまり人気が無く音が目立たないから選んだというだけあって、控えめでおとなしそうな人柄にピッタリの楽器を担当しています。
ちなみに、日光には非常に弱いとのこと(工藤さんではなく「ファゴット」のことです。お間違えの無いように)。

さて、当日の集合時間や場所、楽器の搬入搬出、準備機材のリクエスト、リハーサルを含めたタイムスケジュール、曲数、曲目、テントの有無など、一通りの打ち合わせも佳境となり・・・
やはり、気になることは梅雨時の天気・・・楽器は雨に濡らしてはいけません。
また、直射日光も避けたいところです。
楽器はデリケートな生き物ですので、大切に保護しなければならない場合があります。
大事にしなければならないものは、とことん大事にしましょう。

さて、せっかくなので「横浜国立大学吹奏楽団第36回定期演奏会」のご紹介をします。
今年も年末に近い12月27日(金) 17時30分から、横浜みなとみらいホール大ホールで第36回定期演奏会を開催するとのことです。
曲目は「Ghost Train」/エリック・ウィテカー作曲
「ディズニー・メドレーⅡ」/佐橋俊彦編曲
「富士山 ~北斎の版画に触発されて~」/真島俊夫作曲

 

 

「音楽」とは「音」を「楽しむ」ことです。
どんな音でも同じ「音色」は無いと思います。
カラオケ大好きなきゃないは、毎日「音」を楽しみながら暮らしています。

 

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子