★6月20(木)天気:曇のち晴 気温:蒸し暑くなってきた

2019.6.20

横浜FCフットボールアカデミー ユース、ホームゲームの試合運営サポート研修レポート第6弾。
今日は、6月2日(日)FC琉球戦でホームゴール裏グッズ売店の販売業務をサポートしてくれた、大津丈椰(OTSU Joya)選手のレポートををご紹介します。
この試合を境に、次回ホームゲームからはナイトゲームに突入するので「明日、早起きできるかなあ・・・」と心配になりながら眠りに就くこともしばし、中休みです。

「自己紹介が大事」というのは前回のブログでもお伝えしましたが、実は、きゃないはミーティングでの自己紹介の声の大きさにいつも注目しています。
言いたいことがまとまっていなくても多少のことは「ガンバレ!」と思うのですが、声が小さいのだけはスルー出来ません。
そんなときは「お腹に力を入れて!声を出してみて!」とアドバイスを送るきゃないです。
※あくまでも、アドバイスです。

さて、大津選手は一日を通してどのようなことを感じ、何を得たのでしょうか。

↓ FC琉球戦 雑感

≪印象≫
ホームゲーム運営(準備、本番、撤収)の大変さに身をもって触れることができ、感謝の気持ちがより強くなった。
スタッフの担当割や担当セクションのバランス、ブースの配置など良く考えられていることがわかった。

≪学んだこと≫
グッズ売店に立ったことで、「モノを売る」という仕事としてお客様との接し方、声のかけ方やお金の扱いなども重要だが、コミュニケーションを図ることが必要だと感じた。

≪気づいたこと 気になったこと≫
開始前のミーティングにも参加させてもらい、スケジュールの情報や気を付けることなどを共有し、スタッフ全員がこの試合運営を成功させたいという強い気持ちがあることがよくわかった。

おなじみの余談ですが・・・クラブスタッフから見た大津選手
身長188cm。お客様から「上から目線になっちゃうね」と言われ、笑ってひざを曲げて商品をお渡しすることもありました。
まだまだ伸びるように、睡眠をたくさんとってるとのことです。
お客様からサインを求められスラスラと書いていましたが・・・何を隠そう、それは初めて人様に書いたサインだったそうです。
コドモの頃の練習の成果だそうです。
中学生のときに教えてもらった南選手を目標にしている、とのこと。
ポジションはGKなので、今後はもうちょっと大きな声をだしてみるのもいいかな、と思います。

本日のまとめ(談:大津)
わずかな時間でしたが人生の糧となることを学ぶことができた。
これからも、いっしょに頑張っていきましょう。

→はい、頑張らせていただきます(きゃない)

 

来週は、徳島ヴォルティス戦でサポート研修をした榛葉 豪(SHIMBA Go)選手のレポートをご紹介予定です。

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子