★5月8日(水)天気:晴 気温:まあまあ暖かい

2019.5.8

毎シーズン、GWに茨城県鹿嶋市で開催されている「KASHIMA招待2019 ~U-13交流戦~ 」に、今シーズンも参加させていただきました。
そこで今日は、横浜FCアカデミーからのメッセージとして、その模様についてレポートを披露いたします。

関東を中心に多くのJリーグクラブが集まる交流戦で、それぞれのクラブの特徴や選手の状況が比較できる素晴らしい大会です。
それぞれのクラブの選手たちがジュニアユースの活動を通じてどのように成長していくか、期待に胸が膨らみます。

横浜FCでは、チームの規律や目指すスタイルを発揮することを目的にピッチ内・外で様々なことに取り組んでいるため、この宿泊遠征も同様です。

チームの規律とは・・・
例えば・・・5分前行動をすること。毎朝、寝癖を直して集合すること。ボールやスクイズボトル、ドクターバッグ、三脚など道具の管理を自分たちできちんとすること、などがあげられます。
細かいことかもしれませんが、中学1年では約束事をしっかり守ることを基本ルールして共有します。

目指すスタイルとは・・・
中学1年生にとって、違った環境で育った選手たちが集まりスタートの場所が横浜FCであるため、横浜FCのフットボールスタイルを共有します。
そして、試合では複数のポジションにチャレンジして、可能性やプレーの幅を広げることや日頃のトレーニングの成果と課題を確認しこれからの活動に生かしていくことを実践します。

 

ピッチ外では人前で自分の意見を話すことや朝の散歩で大きな声を出すなど、日頃とは違った一面を見せる選手もいました。

 

 

天気にも恵まれハードな4日間でしたが、日焼けした選手たちが逞しくなったように見えました。

 

それでは、また明日。

 

ホームタウン広報:金井智恵子