★4月24日(水)天気:曇 気温:やや涼

2019.4.24

横浜FCフットボールアカデミーのジュニアユースは「U-15スペイン/East Mallorca Cup」と「U-14イタリア/SARDINIA TALENT TROPHY」の海外遠征に出かけていました。
そこで、遠征の総括レポートがきゃないに届きましたので、本日と明日の2日間にわたり遠征レポートをこのブログでご紹介いたします。

【海外遠征総括】
ジュニアユース戸塚U-15は、4月14日(日)~23日(火)まで、スペイン、マジョルカ島で開催された国際大会「2019 East Mallorca Cup」に参加しました。
この大会の参加クラブは地元スペインを初め、ドイツ、オランダ、イギリス、ベルギー、ブラジル、アルゼンチン等、各国の強豪クラブが集う大会です。
各クラブがそれぞれの国のスタイルで戦う「フットボール=真剣勝負」は、本当にどの試合も非常に刺激的で、興奮を覚えるものばかりでした。

その中で自分たちは海外遠征での目的を明確に持ち、オンザピッチでは「世界基準から自分の現在地を知り目標を再設定すること」「日本にしか出来ないスタイルで世界と本気で戦うこと」オフザピッチでは「異文化に触れその国を肌で感じること」「習慣や思考の異なる人と触れ合い交流を図ること」等を掲げ、大会へ臨みました。

大会前には地元スペインのクラブと練習試合を2試合行いながら調整し、いざ大会本戦へ。
予選リーグ3試合(スペイン2クラブ、アルゼンチン1クラブ)を終え2敗1分けの結果3位で、順位決定リーグへ。

スペインのクラブからは個々の高い技術に加えサッカーの本質の表現と、アルゼンチンのクラブからは、個々の力での打開力とチームとしての試合運びの上手さ等を見せつけられ、日本では対戦経験の無い質の違いに適応するには時間が掛かり、自分たちにとって非常に厳しく、そして難しい試合が続いていきました。

それらを経験し迎えた順位決定リーグ3試合(スペイン3クラブ)。
ここでは3連勝、結果1位で順位決定トーナメント準決勝へ。
このリーグではそれまでの試合の中で得た経験を活かし、局面での個々の対応力、勝負強さ、チームワークの良さをもって内容に結果が繋がる試合となりました。
準決勝でもスペインのクラブと戦い、質の高いゲーム内容を展開しましたが、接戦の末に同点。
PK戦の末、惜しくも敗戦となりました。

 

世界基準を通して改めて目標を高く再設定すること、プロサッカー選手になるための日常に変えること、常日頃から世界で戦える意識、習慣、日常に変えること等、海外遠征から得た経験により自分自身とまた向き合い直し、気付きや考える力を養う機会となりました。

選手たちがまた一回り大きく、選手としても人間として成長してくれることを期待したいと思います。

今回の遠征へのご理解、ご協力をいただきました皆様、本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きは、また明日。

ホームタウン広報:金井智恵子