★4月5日(金)天気:晴 気温:暖&強風

2019.4.5

横断歩道の歩行者信号が「赤」なのに「車が来ないから渡っちゃえ!1回くらいなら・・・」という悪魔のささやきに、屈してしまったことはありませんか。

今日は、横浜市立小学校の入学式です。
今朝、横浜FCホームタウンプロジェクトとして保土ケ谷警察署で行われた「新入学児童・園児を交通事故から守ろう 出陣式」に参加をしてきました。
横浜FCからは、メインはフリ丸ちゃん、サポート役にホームタウン担当の佐藤さん、きゃないは付録みたいなものですが共に顔を並べさせていただき「欲の塊(かたまり)」でもあるきゃないは、これでもかっ!というくらい写真を撮りまくり、各関係者の皆さんのご挨拶の内容をメモし・・・このブログに挑んでいます。

15年ほど前からこの時期に実施しているこの出陣式は、毎年この時期の小学校の入学式当日、区内の新1年生に交通安全の大切さを伝えるとともに、6年間事故が無く安全に登下校できるよう願いを込めた式典です。
今日はあらためて、今年の「ランドセルカバーフリ丸バージョン」の紹介もさせていただき、フリ丸と共に安全を祈願させていただきました。

保土ケ谷区交通安全協会会長の板橋さんは「だんだん学校にも慣れ始める5月は交通事故が多くなるため、登下校のときは、お友だちとの話に夢中になりすぎてしまわないよう十分注意してほしい」というお話や、保土ケ谷警察署長の片桐さんからは「通学路はもとより危険がどこにあるのか、その危険を回避するにはどうしたら良いのかを普段から家族で話し合ってほしい」など。
また、保土ケ谷区長の菅井さんからは「寝坊して慌てて走ったり忘れ物を取りに戻ったり、そんなことが無いように早寝早起きをして特に朝は時間に余裕をもって行動してほしい」などのお話を聞くことができました。

そして、皆さんのご挨拶の中に、共通してお話していたことが一つありました。
それは「子供たちを交通事故から守ることは、まず大人が手本となるよう交通ルールを守り、マナーを守ること」です。
これは当たり前のことですし、声を大にして言うには照れくさいことかもしれませんが「車が来ないから渡っちゃえ!1回くらいなら・・・」という、この悪魔のささやきに屈しないこと、が自分自身を守りみんなを守ることにつながるのだと思います。

それでは、また来週。

ホームタウン広報/金井智恵子