★4月4日(木)天気:晴 気温:徐々に気温上昇

2019.4.4

世の中、平均して3月、4月は移動の季節です。
慣れ親しんだ場所や人、習慣、などに別れを告げ新しい環境に飛び込むことは得てして勇気が必要になることもあります。

今日は、偶然なる必然の再会のお話です。
横浜市戸塚区の区長さんが変わられて新しい方が着任されたというご連絡をいただき、当クラブに新区長の吉泉秀紀さんがご挨拶にみえられました。
わざわざ、ありがとうございます。

奥寺会長と上尾COOがお出迎えをしたのですが・・・
なんと!横浜FCが、ここ西谷浄水場への移転の話し合いを水道局さんとしていたころ、そこに勤務されていた吉泉区長さんと、テーブルをはさんで奥寺会長はお会いしていたとか。
もう、かれこれ10年ほど前になりますでしょうか。
また、2年前には西区の区長を務められていたこともあり、横浜駅西口五番街商店会の方を通じて(おそらく賀詞交歓会かと・・・思われます)、そのときに奥寺会長は、お会いしたことがあったようで・・・

そんな偶然の再会にお互いの顔がほころび、ほんのりとゆったりした時間が流れていきました。

戸塚区の皆さんとは親しくお付き合いをさせていただいている横浜FCです。
なので、これは「偶然」ではなく「必然」である、と密かにきゃないは思い込んで、このブログを綴っています。

そして、吉泉区長さんに帯同されて一緒に来られた地域振興課長の岩崎さんが、これまた10年ほど前に横浜市のスポーツ振興課に勤務されていたころ、きゃないは当時ホームタウン担当でしたので、お世話になっていた経緯がありました。
「どーも、ご無沙汰しておりまして・・・その節はお世話になり・・・あらためてよろしくお願いします」
ここにも、お互いの顔がほころぶ瞬間がありました。

親近感とワクワク感を覚えたのは、きゅないだけではなかったと、信じつつ・・・
今日は・・・これからも、なお一層、近くて濃いお付き合いを続けさせていただけるよう、背筋を伸ばしたきゃないでした。

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子