★3月28日(木)天気:曇 気温:寒くない

2019.3.28

今日は、「Jビレッジカップ2019」に参加したユースチームのスタッフからレポートが届きましたので、きゃないブログで公開いたします。

 

ユースは3月21日~24日まで、福島県Jビレッジで行われた「Jビレッジカップ2019」に参加しました。遠征の目的はチームの強化合宿、その中で「コミュニケーションと100%」がこの遠征のテーマです。

試合では、サッカーに集中できる最高の環境で、ピッチ内外で積極的に会話をして共通意識を高めること、また試合で100パーセント出し切ること(プレーをしているときはもちろん、プレーをしていないときの準備)に、取り組みました。

コミュニケーションの部分では、選手は大会を通じて試合中・試合以外の時間でサッカーの話をするようになり、少しずつではありますが「意見を言うこと・聞くこと」が出来るようになりました。
この遠征でお互いの共通意識が高まったと思います。
日常のトレーニングでも共通意識をより高めて行くことを継続して行きます。

「100%全力」という部分では、プレーをしている局面では球際の強さ・インテリジェンスを発揮してくれましたが、プレーをしていないときのポジション取り・味方の為にスペースを空ける動き、などは課題として残りました。

大会の結果は、選手の頑張りもあり準優勝でした。
この遠征で出た成果・課題をもとに2週間後開幕するプリンスリーグに合わせて準備をして行きます。

 

アカデミーカテゴリーは非常に多くの大会がある中で、横浜FCアカデミーは「育成の要素」のある大会を選択し目的をもってそれらの大会に臨んでいます。
今回のケースもそうですが、今、チームが必要とする目標とそれを達成し次なる課題を生み出すことができる大会に意図的に参加をすることで、
その結果を一つひとつ積み上げて完成させて行きます。

これからも、アカデミーの選手たちが逞しくなっていく姿から目が離せません。

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子