★3月22日(金)天気:晴 気温:今春一番のぬくもり

2019.3.22

明日は、ホームゲームFC岐阜戦です。
クラブスタッフは、それぞれのセクションで当日担当の準備にせわしない一日でした。

ユースチームはJビレッジに遠征中ですので明日のホームゲームサポート研修は、参加をしません。
福岡戦以降で参加できる日は、またお知らせします。

さて、横浜FCアカデミーは「U-12強化カテゴリー」というカテゴリーがあります。
そこで、2018年度U-12強化カテゴリー活動最終日となった本日の練習の様子や仕組みを、重田さんに聞いてみました。
重田さんはアカデミーのダイレクターを務めており、育成チーム全般の指揮を執っています。

「U-12の登録チームを所有しない横浜FCでは、スクール活動による地域との協力体制を強化し『もっと上手くなりたい』と思う選手に、情熱と信念を持って育成しています。


U-12強化カテゴリーはスクール、セレクション、スカウトによって選抜されてきた、横浜FCでプロサッカー選手になりたいと目標を持つ選手たちが切磋琢磨し、ジュニアユース昇格からユース、トップ昇格を目指します。

このクラスを、巣立った齋藤功佑選手、山本凌太郎選手、斉藤光毅選手のように、将来三ツ沢のピッチに立つ日を夢見て!!」

 

次代を担う選手たち。
今年度も18名の選手がジュニアユースに昇格します。
明日の岐阜戦も、ここからトップチームへの道をたどった選手たちのプレーを見たいですね。

20年という時の流れの中で幾多の試練と経験を積み、横浜FCは、ここまで来たんだと、うれしくなりました。

 

それでは、また来週。

ホームタウン広報/金井智恵子