★3月13日(水)天気:晴 気温:夜は寒い

2019.3.13

昨日から「ホームゲームにまつわるホームタウン広報情報ネタ(ときどきアカデミーも)」として、ホームタウン広報らしい業務の功績(自分で言うか)をご紹介していますが、今日は今週末に迫ったアルビレックス新潟戦の楽しみ方のひとつ「FULIE春のファンまつり」について、触れてみたいと思います。

「横浜FC」と「ホームタウン」と「パン」は、結構深い関係にあります。
かつて、クラブメンバー担当のころ「横浜FCクラブメンバー with 横浜POMPADOURの横浜FCオリジナルパン」(タイトル長っ)を、クラブメンバーの皆さんと一緒に開発したことがありました。
”クラブメンバー”が繋ぐホームタウン横浜の「ポンパドウル」さんとご一緒できたことも、一歩前進でした。
今シーズンもクラブメンバーズDAYで、きっと・・・

新しいモノを作り出す過程や、その形を手にするときって、ワクワクしますよね。

 

今週末の新潟戦の「FULIE春のファンまつり」は、文字通り「パンまつり」の開催です。
この「パンまつり」は、地元、保土ケ谷区上星川の「BanyanTreeBakery」さん、戸塚区の某高校に出店している「パンの国 麦穂の香」さん、横浜に本社を構える「ピザハット」さんに当日の試合会場に出店していただくことになり、そこでお買い物をするとスタンプがもらえる企画です。
お土産にお持ち帰りいただくこともできるので(売り切れたらごめんなさい)、他のキッチンカーメニューと相談しながら上手にお買い物をしてください。

 

 


今回のメニューにはまったく関係ありませんが、きゃないが最も好きな「パン」は・・・フランスパンの「バケット」です。

 

それでは、また明日。

ホームタウン広報/金井智恵子