★2月5日(火)天気:曇 気温:心地よく涼しい

2019.2.5

月曜日がオフのユース、ジュニアユースの選手たちは今日から一週間が始まりました。

トレーニングの始まりは、一番早く来た選手が「炊飯当番」です。
今日も「ごはん」の準備!!
ユース、ジュニアユースそれぞれが、自分たちで「ごはん」の準備をします。
無洗米なので洗わなくてもよいのですが「水の量」がおいしく炊けるか否かの明暗を分けるようです。

念のため、炊飯器の蓋にはマニュアルが。

かつては残念なことになることも…
きゃないのいるオフィスと炊飯場所は隣接しています。
ですので、渡り廊下から「ごはん」が炊ける香りが漂ってくるのが日課です。

なんか、焦げ臭くない?
あれ?もしかしたら「ごはんかも…」
炊飯器に恐る恐る近づいてみると…確信に変わる瞬間は「あらら、残念」としか言いようがない状況になっていたこともありましたが、今では最後にカップ6分の1程度の「水」を足し入れることでおいしい「ごはん」が出来上がるそうです。

トレーニング直後に食事で栄養補給をすることは、疲労回復にもつながりトレーニングメニューのひとつでもあるのと同じくらい大事なことです。
「お米」はオフィシャルサプライヤーのミツハシライスさん、ごはんの「おかず」であるアスリート食の副食は食育パートナーでもあるLEOCさんのサポートで、この大事なタイミングで栄養補給ができることに感謝しながら、今日も練習後に食事をして帰宅の途につきます。

 

それでは、また明日。

 

ホームタウン広報/金井智恵子