ニッパツ横浜FCシーガルズ 選手引退のお知らせ

ニッパツ横浜FCシーガルズでは、下記7名の選手が引退することとなりましたのでお知らせいたします。

 

 

●山本茄奈選手コメント
「2017年シーズンをもちまして、現役を引退することを決めました。
4年間このチームにお世話になり関東2部リーグ、チャレンジリーグ、なでしこリーグ2部昇格と、チームへ関われたことを嬉しく思います。サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、職場の方々、家族、友人、チーム関係者、そしてなにより、どんな時も支え合い、共に乗り越えてきたチームメイトの存在があったからだと、改めて感じています。今まで関わって頂いた、全ての皆様へ感謝しております。4年間、本当にありがとうございました。
今後とも、ニッパツ横浜シーガルズの応援を宜しくお願い致します。」

 

●吉田瑞季選手コメント
「今シーズンをもって引退することにいたしました。このチームが出来てから早5年が経ちました。この5年間、ステキな経験をたくさんさせて頂きました。このチームに携わって頂いた全ての方に感謝しています。ありがとうございました、そしてこれからもニッパツ横浜FCシーガルズを宜しくお願いします。」

 

 

●石原美聡選手コメント
「今年の2月から就職活動を行い、内定を頂いた後、本当にたくさんの迷いと自分の進むべき道を考え抜いた結果、サッカーを引退することを決断しました。横須賀シーガルズ時代を含め、中学1年生から10年間シーガルズに所属させていただき、サッカーと学生生活を共に過ごしてきました。
この10年間は、プレーの面以外でも人間としての在り方、様々な出会いや感情を経験させていただき、シーガルズにいたからこそ今の私があるのだと思います。どんなときも私にとって1番の居場所でした。
特に仲間の大切さは学ぶことが多く、同じ学年の3人とは10年間家族より長い時間を過ごしていて、オフの日まで一緒にいるほど当たり前の存在でした。
そんな大好きなチームとチームメイトから離れるのは本当に寂しいのですが、これから新たなステージでシーガルズでの経験を糧に頑張っていきたいと思います。
いつも熱い応援をしてくださったサポーターの皆様、親身になってサポートをしてくださったスタッフ、サッカーで関わってきた多くの関係者の皆様、そして私を大きく成長させてくれたチームとチームメイトに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
これからもニッパツ横浜FCシーガルズの応援をよろしくお願い致します。」

 

 

●山名真妃選手コメント
「この度、シーガルズを離れるとともに引退することを決断致しました。19年間続けてきたサッカー人生を振り返ると、色々な気持ちが込み上げてきますが、まずはこれまで関わって頂いた全ての方々に心より感謝致します。本当に有難うございました。
横浜FCシーガルズへ加入してからの3年間はとても短く感じました。毎年怪我を抱えたり、昔のようにサッカーだけ頑張る環境ではなくなり、自分が思うようにチームに貢献する事は出来ませんでしたが、とてもいい経験になりました。そして、働きながら現役を続けてさせてくれた、スポンサーのマルアキフーズ様、そして環境を与えてくださったスタッフの皆様、どんな時も声をかけ続けてくれたサポーターの方々にも感謝いたします。これからは、いちサッカーファンとしてシーガルズを影ならが応援していきます。今まで有難うございました。」

 

 

●藤掛まゆ選手コメント
「2017シーズンをもちまして、現役引退をすることに決めました。単純に大好きなサッカーを楽しめなくなったので、一度サッカーから離れようと思います。ただ、これまで多くの素晴らしい仲間に恵まれ、沢山の貴重な経験を何度もさせていただきました。どんな時も支えてくれ、応援してくれた方々、関わってくれた全ての方々にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。
これから先も、出逢いと繋がりを大切にし、新たなステージで活躍できるよう、全身全霊をかけて頑張っていきたいと思います。」

 

 

●浅利真耶選手コメント
「決して、満足のいくサッカー人生ではありませんでしたが、今季で引退することを決めました。
サッカーを通して、大切な仲間がたくさんできました。共に、喜んだり悔しんだり泣いたり励ましあったり、当たり前だった事に、今は幸せを感じています。
キーパーという特別なポジションだからこそ、やりがいを感じたり、その分悩んだ事も多かったですが、それ以上に得る物がたくさんありました。
いつも応援してくれていた家族、親戚、仲間、恩師、サポーターの皆様、結果でなかなか恩返しする事が出来ませんでしたが、たくさん支えられました。
ここ2年間で家族2人を亡くし、「命」の大切さと、「当たり前が幸せ」を考えさせられました。
大好きなサッカーができたこと、サッカーする環境を与えてくれた天国の父に感謝し、これからも人と人との繋がりを大切に、自分らしい人生を歩んでいきたいと思います。最高に幸せで最高のサッカー人生でした。本当に、ありがとうございました。
最後に、これからもニッパツ横浜FCシーガルズの応援、宜しく御願いします。」

 

 

●丹羽衿花選手コメント
「今シーズンをもちまして、引退する決断を致しました。
たくさんの人に支えられているこのニッパツ横浜FCシーガルズでサッカーができたことを幸せに思います。
小学生の時にサッカーを始めてから16年間のサッカー人生で関わってきたたくさんの方々にこの場をかりて感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました。」