F!ポストご意見への回答(2015年11月)

横浜FCでは、ホームゲームにご来場いただいた皆様のご意見を「F!ポスト」にて伺い、「安心」「安全」「快適」なスタジアム運営に役立てさせていただいております。

今シーズンも多くのご意見をいただき、ありがとうございます。お寄せいただいたご意見(原文のまま)に関して、下記の通り回答させていただきます。

※チーム戦術・選手起用に関するご意見や、個人や特定のグループを批判・誹謗中傷するようなご意見の掲載は控えさせて頂いております。

 

F!ポストご意見への回答(2015年11月)

 

11月8日(日) 第40節 大分トリニータ戦

 

お問い合わせ内容:

天皇杯ユニは好評でしたね。
購入しようとしましたが売り切れでした。
来年度も用意して続けていったらいかがでしょう。

 

ご購入いただきました皆様、ありがとうございました。クラブメンバーミーティングでアイデアをいただき、多方面の皆様よりご意見を伺いながら製作をしました。多くの皆様から天皇杯ユニフォームが好評であるとの感想をいただいております。今後も、皆様のご意見を伺いながら商品化へと進めていくことができる企画を考えてまいります。

 

 

お問い合わせ内容:

メンツにこだわらず、フォワード基金をしてでもチーム強化をお願いします。

 

フェニックスクラブ基金(育成)や横浜FCシーガルズへの募金など、複数の基金や募金を実施していますので、しっかりとした棲み分けが必要になります。特に、目的が選手獲得のための募金となりますと、慎重にならざるを得ないということもありますので、簡単ではございません。ただし、強いチームにするためには、戦力になる選手の獲得も重要ですので、強化部と連携してまいります。

 

 

お問い合わせ内容:

試合速報、シーガルスの方がすぐれていますね。スタッフが少ないのに頑張っていると思います。
トップチームも見習ってください。

 

シーガルズの試合速報は、情報コンテンツなどが不十分であることから、現状できることから取り組んでおります。トップチームに関しましては、放映権などの規制がある中、J's goalやF!メールなど、情報サイト、サービスが多様にあるため、Twitterでの試合速報には注力していないのが現状です。

 

11月23日(月・祝) 第42節 ザスパクサツ群馬戦

 

お問い合わせ内容:

再三スタジアムで呼びかけているにもかかわらず椅子の上での応援行為がなくなることがなかった。
ホームだけではなくアウェイでも禁止だが、特に11/14ヤマハスタジアムでは椅子の上に立つ人が多く、個人的に注意しても無視されてしまい残念だった。
クラブ側も2014/10/16にこれらを「危機的な状況」ととらえオフィシャルサイトにメッセージを発信しているが、継続的に課題を解決していこうという行動が今年に入って見られなかったのが残念。
「ルールを破っても大丈夫」だとナメられているのではないか?
より強い態度で違反者に対する措置をとっても良いと思う。

 

これまでも多くの皆様からご指摘をいただき、試合運営に携わる多くの関係者で改善を図っております。今後もクラブスタッフだけではなくスタジアム警備と連携し、継続的に注意喚起をして参ります。場合によって、違反行為者は、即刻ご退場いただく等の措置も取らざるを得ないと考えております。

 

 

お問い合わせ内容:

今季も怪我人が多く、クラブからの正式な発表がないため不安なシーズンでした。
西谷、スタジアムで選手とあった際、どのような状態なのかわからず、声をかけられませんでした。
来季は正式な発表をしてください。
特に手術などした選手は応援が必要と思います。

 

選手情報は、選手、監督がリリースの有無を決定しており、チームの意思に反したリリースは行っておりません。ご理解ください。

 

 

お問い合わせ内容:

フィジカルコーチは必要だと思います。
今季は監督兼務とのことでしたが、監督交代後どうなっていたのか。
うやむやにしないでください。
上記、怪我人の発生にもつながったと思わざるをえません。

 

チームスタッフにつきましては、トップチームと強化部との連携により環境を整えていきます。

 

 

お問い合わせ内容:

スタッフ1人1人の元気がない。挨拶ひとつもしない。プロスポーツチームとしての自覚が感じられない。
やる気が無いのならもうやらないでほしい。
F!ポストの回答も「今後気をつけます」みたいな感じで心がこもっていない。
その場だけ謝ればいいだろみたいな感じがする。
結果を示してほしい。

 

不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。指導を徹底して行っていきます。

 

 

お問い合わせ内容:

募金するくらいならサポーターズクラブなりファンクラブなりを創設してほしい。
(F!クラブをなくしたのだから・・・)

 

準備が整い次第「応援基金」を設立する予定です。

 

 

お問い合わせ内容:

P.IDLをこれからもつづけるのであれば、せめてメイン前、ゴール裏真ん中でやらせてほしい。
あんな隅っこでは悪いでしょう。

 

スタジアムの規則によりピッチ内(芝の上)が使用できないこと、メイン中央はスペースが狭くパフォーマンスに影響が出ることなどの理由により、現状の位置を選択しております。また、ゴール裏(中央寄り)に関しましても大旗や芝の関係で、使用できません。来シーズンはニッパツ三ツ沢球技場とも調整し、改善できるようかどうかを検討します。

 

 

お問い合わせ内容:

数年書いていることですが、試合開始前の花束、ぜひ相手チームにも渡してほしい。
予算が1万円だったら5千円ずつ。5千円だったら2千5百円というようにして。

 

スポンサー様のご意向もあり、ホームチームの場合が多い展開となっております。予算の問題ではございませんが、いただいたご意見を参考に花の種類、カラーも含めて検討してまいります。

 

 

お問い合わせ内容:

試合前のボール投げ、特定の人に渡していることが多い。
(コアの人)みていてなんのためのボール投げないのか、嫌な気分になります。

 

選手へは各スタンドへ投げるように指導はしておりますが、事前に選手とサポーターがボールを貰う約束をしている場合があるようです。今後は事前の約束を禁止する旨の文章を掲出するとともに、選手への指導も徹底してまいります。

 

 

お問い合わせ内容:

選手紹介の時のF!リーダーズさんのパフォーマンスがとても良いです。
来シーズンもお願いします。

 

温かいご意見ありがとうございます。このようにご感想をいただけたことをF!リーダーズの皆さんにもお伝えいたします。
今後も、ご感想などをどしどしお寄せください。

 

 

お問い合わせ内容:

試合告知ポスター(半年分のもの、数試合分のもの共に)のデザインで、三浦選手を中心に起用したいと考えられるのは理解できます。ですが、実際に試合に出て中心になって活躍している選手たちをもっと中心に据えてほしいです。それが真に横浜FCを知ってもらい、ひいては地域に根付いていくことに繋がると思います。(三浦選手を起用するにしても、中心ではなく、脇に)また、これから来年のイヤーブックを作成されるかと思いますが、三浦選手以外の選手のインタビューも掲出していただきたいです。
横浜FCは「チームカズ」ではありません。

 

いただいたご意見も参考にさせていただき、掲出する選手は随時検討してまいります。