サッカー普及事業

2001年から横浜市と協力し、横浜FCのホームタウンコーチが横浜市立小学校の放課後事業「はまっ子ふれあいスクール」「放課後キッズクラブ」に巡回訪問しています。子ども達との「遊び」を通じて「スポーツの楽しさ」や「夢を育む」ために活動しています。

サッカーの普及活動の一環として「キックターゲット」を地域の各種イベントで出店しています。こどもから大人まで、無心になってボールと向き合える、貴重な体験ができること間違いなし!


2007年に大阪で提唱された精神障がい者フットサルを、2008年から横浜FCとヨコハマぽるとカップ実行委員会が共同で行っています。
障がい者の社会復帰の一助とともに、障害者スポーツの普及と交流を目的に活動しています。