地域振興事業

横浜熱闘倶楽部は、横浜市内のプロスポーツチーム(横浜FC、横浜F・マリノス、横浜ベイスターズ、ビー・コルセアーズ)の活動を支援し、プロスポーツを通じて横浜市民にとって誇りを持てる街づくりを目指しています。

年間を通じて、シーズン開幕PR活動、各チームの地域活動の周知活動、市内で開催されるイベントへの共同参加やスポーツ教室への協力も行います。
また、横浜FCが主催する精神障がい者フットサル「ヨコハマぽるとカップ」事業の支援も行っています。

横浜市役所の各種事業との連携を行い、横浜市民に向けた啓蒙活動や記念行事への協力を通じて、より一層の街づくりへの貢献と「スポーツがある街」という文化の浸透を目指します。

スタジアム所在地である神奈川区とは、「ECOパートナー」提携を中心とした環境活動の協働、クラブハウス所在地である保土ケ谷区とは、地域振興に繋がる連携に取り組み、区民が健やかに暮らせる環境づくり、スポーツを通じたコミュニティづくりにつながる活動を行います。
年に一度、横浜FCホームゲームでの「区民DAY」イベントを通じて、より身近なサッカークラブであることを区民に感じていただけるよう、工夫を凝らしたおもてなしをご提供しています。

社団法人保土ヶ谷法人会とは、地元地域の心強いパートナーとして、講演会の開催や、租税に対する理解を高めるためのサッカー&租税教室を共同で開催しています。双方の協働によって、保土ケ谷・旭・瀬谷地域に住むこども達への貢献活動、そして経済活動の活性を通じた元気な街づくりを共に目指します。