3シーズン目を迎えた岸野監督の下、チームは始動したが、開幕3試合を終えて1分2敗。結果以上に、試合内容は停滞を感じさせるものだった。この窮地にOBである山口素弘氏を監督として迎える。若き指揮官は、9節の京都戦で初勝利を上げ、一時は最下位に沈んだチームを蘇らせていく。さらに、指揮官の狙いとするサッカーが浸透し、チームは勢いに乗る。アウェイ8連勝というJ2新記録も樹立。そのままの勢いで、最終的に4位となりプレーオフに進出した。プレーオフでは千葉に敗れたが、最下位からプレーオフ進出という奇跡とを実現し、指揮官、チーム共に大きな可能性を感じさせる1年となった。

 

J LEAGUE DIVISION 2 22勝7分13敗(4位)
天皇杯第92回全日本サッカー選手権大会 3回戦敗退
サポーターが選ぶ年間MVP表彰 1位 シュナイダー潤之介  2位 田原 豊  3位 高地 系治

 

No. 名前 Name ポジション 出身地
1 シュナイダー潤之介 Junnosuke SCHNEIDER GK 東京都
2 阿部 巧 Takumi ABE DF 東京都
4 ペ スンジン BAE Seung Jin DF 韓国
5 八角剛史 Tsuyoshi HAKKAKU MF 千葉県
6 髙地系治 Keiji TAKACHI MF 埼玉県
7 内田 智也 Tomoya UCHIDA MF 三重県
8 佐藤謙介 Kensuke SATO MF 埼玉県
9 難波宏明 Hiroaki NAMBA FW 岡山県
10 カイオ KAIO Felipe Goncalves FW ブラジル
11 三浦知良 Kazuyoshi MIURA FW 静岡県
13 野崎陽介 Yosuke NOZAKI MF 三重県
14 武岡優斗 Yuto TAKEOKA MF 京都府
15 中島崇典 Takanori NAKAJIMA DF 千葉県
17 中里 崇宏 Takahiro NAKAZATO MF 東京都
18 永井 雄一郎 Yuichiro NAGAI FW 東京都
19 小野瀬康介 Kosuke ONOSE MF 東京都
20 渡邉将基 Masaki WATANABE DF 京都府
21 村井泰希 Taiki MURAI GK 三重県
22 井手口正昭 Masaaki IDEGUCHI MF 福岡県
23 羅 誠洙
(ナ・ソンス)
Na Sung Soo MF 韓国
24 堀之内 聖 Satoshi HORINOUCHI DF 静岡県
25 木下 康介 ※1) Kosuke KINOSHITA FW 東京都
26 中野洋司 Hiroshi NAKANO DF 佐賀県
27 朴台洪 PARK Tae Hong DF 大韓民国
28 森本良 Tsukasa MORIMOTO DF 愛知県
30 野上 結貴 ※2) Yuki NOGAMI DF 東京都
31 関憲太郎 Kentaro SEKI GK 群馬県
32 杉山 新 Arata SUGIYAMA DF 埼玉県
34 田原 豊 Yutaka TAHARA FW 鹿児島県
39 大久保 哲哉 Tetsuya OKUBO FW 神奈川県
40 寺田紳一 Shinichi TERADA MF 大阪府
監督 岸野靖之
山口素弘

※1) 二種登録選手
※2) 強化指定登録選手